Vultr コントロール パネル - お客様独自の ISO
Vultr コントロール パネル - カスタム ISO のアップロード
Vultr コントロール パネル - デスクトップ上のダッシュボード

17 都市で利用可能

独自のISOをアップロードすると、Vultrプラットフォームが利用可能なすべての場所で利用可能です!4つの大陸にまたがるカスタム ISO アップロードは、オーストラリア、アジア、ヨーロッパ、北米の 17 都市のいずれかにマウントできます。

Upload your own custom ISO or choose one from our diverse ISO library

ISO を選択する

独自のカスタム ISO をアップロードしていただくか、あるいは弊社の多様な ISO ライブラリから 1 つを選択して、インスタンスにマウントしていただきます。

サーバーのサイズと地域を選択

サーバーのサイズと地域を選択

当社の 17 の世界中の場所のいずれかで無制限のオペレーティングシステムの組み合わせを作成します。

使用するインスタンスを展開

使用するインスタンスを展開

[deploy] (展開) をクリックした直後に、Vultr クラウド オーケストレーションが制御を引き継ぎ、指定の ISO を使用して新しいインスタンスをブートします。

ISO ライブラリ

お客様は独自 ISO をアップロードできるほか、お客様の ISO ライブラリに対するフル アクセス権もあります。この選択肢を支援するのは、経験を積んだ複数のシステム管理者で構成された Vultr の部門であり、人気のある複数のサーバー オペレーティング システムが使用できます。

1 回カスタマイズした後は、スナップショットを作成して再展開

[Upload ISO] (ISO のアップロード) 機能を使用すると、複数のサーバーに独自オペレーティング システムを展開する目的で、セットアップ プロセスを毎回最初から実施する必要はなくなります。Vultr のスナップショット機能を活用して、展開済みサーバーのイメージを作成し、同じセットアップを採用した他のインスタンスを、世界各地に存在する Vultr の拠点のいずれかで迅速に立ち上げることができます。

Vultr コントロール パネル - サーバーの状態の追跡
Vultr - サーバーのスナップショットの展開

トラブルシューティングを実施できる可能性の向上

カーネルのカスタマイズや、標準的ではないシステム アップグレードを実施した後、基になるオペレーティング システムが破損またはブート不可能になった場合でも、カスタム ISO を使用している場合、お客様の administrator toolbox (管理者ツールボックス) でいくつかの新しいオプションが利用可能になります。Vultr プラットフォームを使用する場合、この機能により、お客様のデータが自動的に失われることはありません。Vultr Docs (Vultr の文書) を参照すると、お客様が独自のレスキュー ISO をアップロードしてデータを回復し、システム構成を修復する方法を確認できます。

Vultr コントロール パネル - サーバーの状態の追跡

カスタム ISO の詳細

FAQ

優先しようとするオペレーティング システムがリスト内に表示されていません。私は独自の ISO をアップロードできますか。

はい。[Upload ISO] (ISO のアップロード) 機能を使用すると、お客様独自のブート可能オペレーティング システム イメージをアップロードし、独自のインスタンスにマウントして、セットアップ プロセスを実行することができます。

お客様が提供できるオペレーティング システム テンプレートの種類。

オペレーティング システムを示す Vultr のリスト全体を表示 こちら.

インスタンスは、cPanel/WHM、WordPress、PHP、MySQL などと共にプレインストールされていますか。

デフォルトでは、これらの追加パッケージなしのクリーンな OS をインスタンスにインストールしています。ただし、お客様には全面的なルート (root)/管理者 (administrator) の権限があるので、必要な任意のソフトウェアをインストールできます。インスタンスにあらかじめパッケージ化されたソフトウェアがすでにセットアップされている商品をご希望のお客様には、cPanel/WHM、LEMP、OpenVPN などの一般的なパッケージを追加するワンクリック アプリケーションのスイートを提供しています。 ワンクリック アプリケーション のすべてのリストを表示する。

使用しているインスタンスへの課金はどのような形で実施されますか。

お客様のアカウントに対応するすべてのサーバーは、月次レートの上限に達するまで、時間単位で課金されます。時間レートは、月次レートを 672 時間 (28 日分) で割る方法で計算できます。カレンダーの 1 か月のうちに、672 時間以上にわたってサーバーがオンライン状態になっている場合、月次レートのみが課金されます。累積的な課金は、毎月 1 日にお客様のアカウント宛に課金されます。

停止済みのインスタンスに対する課金は発生しますか。

はい。停止済みの状態にあるインスタンスも、専用システム リソース (RAM、SSD ストレージ、IP の別名、CPU) を予約することから、お客様がそのインスタンスを破棄するまでは課金が発生します。仮想マシンに対する課金が累積することを希望しない場合、カスタマー ポータルにある [DESTROY] (破棄) ボタンを使用してください。

優先しようとするオペレーティング システムがリスト内に表示されていません。私は独自の ISO をアップロードできますか。

はい。[Upload ISO] (ISO のアップロード) 機能を使用すると、お客様独自のブート可能オペレーティング システム イメージをアップロードし、独自のインスタンスにマウントして、セットアップ プロセスを実行することができます。

Our ISO Library


  • AlmaLinux - 8 x64
  • Alpine Linux - 3.12.0 x86_64
  • Arch Linux - 2021.06.01 x86_64
  • CentOS 7 - 7 x86_64 Minimal
  • CentOS 8 x86_64 - CentOS-8-x86_64-1905-dvd1.iso
  • Core OS - x86_64
  • Debian 10.3 - Debian 10.3 x86_64
  • Debian 8 - 8.6 i386 netinstall
  • Debian 9 - 9.0 x86_64
  • Debian 9 - 9.0 i386
  • Devuan ASCII 2.0.0 - 2.0.0 x86-64
  • Devuan ASCII 2.0.0 - 2.0.0 i386
  • Devuan Jessie 1.0.0 - 1.0.0 amd64
  • Devuan Jessie 1.0.0 - 1.0.0 i386
  • Finnix - 121 x86
  • FreeBSD 11.2 - 11.2 RELEASE x86-64
  • FreeBSD 11.2 - 11.2 RELEASE i386
  • FreeBSD 12.0 - 12.0-RELEASE amd64
  • FreeBSD 12.0 - 12.0-RELEASE i386
  • FreeNAS 11.1 - FreeNAS 11.1
  • FreePBX - SNG7-FPBX-64bit-2008-1
  • FreePBX - SNG7-FPBX-64bit-2011-5
  • NixOS 20.09 - 20.09
  • OpenBSD 6.4 - i386
  • OpenBSD 6.4 - amd64
  • openSUSE Leap 15.0 - 15.0 x86_64
  • OPNsense - 20.7
  • Rancher OS - 1.5 x86_64
  • Rancher OS - 1.4.2
  • Rancher OS - 1.3 x86_64
  • Rocky - 8 x64
  • SystemRescueCD - 6.0.1
  • SystemRescueCD - 6.1.8
  • Trinity Rescue Kit - 3.4.2 build 372
  • Ubuntu 18.04 - 18.04 x86_64
  • VyOS 1.2 - 1.2 x86_64
  • vzlinux - 8 x64
Deploy from ISO library
このウェブサイトの日本語版は情報提供のみを目的とした翻訳であり、英語版が優先されます。

SSD クラウドの運用を開始

少なくとも次のものを使用してください:

  • 1 文字の半角英大文字
  • 1 文字の半角英小文字
  • 1 文字の半角数字
  • 全部で 10 文字の長さ
アカウントを作成